モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

奈良吉野川ラフティング一日コース

【スポンサーリンク】

吉野川でラフティングしました!

報告が遅くなりましたが、土日に奈良まで行ってきました!

新大阪駅集合だったのですが、新大阪から車で1、2時間位で着きました。

奈良、思ってたより近い。

写真は、今回の旅行を共にした大学時代の友達6人です。








ラフティングとは、川下りのことです。

立派な客船に乗り、複数人のお兄さんが船を漕いでくれる優雅なアレではありません。

水着を着てゴムの靴を履き、普通に水が入ってくるような7人乗りとかのボートで激流を下るアレです!

パドルという櫂でボートを漕ぎ、激流を下り、時にはボートを降りて泳ぎ、時にはボートの上で寝転んだりするやつです!







正解はない!自分で考えるんや!


人生二度目のラフティング!とっても楽しかったです。

昨年の保津川は激流が多かったです。

しかし吉野川は小学生でも楽しめる!ということで、

基本を学びつつ比較的安全な遊び方だったと思います。

(比べる対象、保津川だけだけどね!)

(他の川では、小学生禁制のラフティングコースがあるそうです)





保津川の時は、ガイドのお兄さんが言う通りに船を漕いでいたのですが、今回は自由に漕いでも良い練習タイムがありました。

仲間とボートの操縦方法を身に着けましたよ!

これは比較的流れのゆるやかな所が多い、余裕のある川だから出来る事ですかね。(?)

初心者にはとっつき易い川かもしれません。








川遊び楽しい。海にはないワクワクと景色があります。

プロの人が決めたコースを通っていくのですが、次にどんな激流があるんだろうどんな景色が待ってるんだろう、と思うとドキドキします。

ラッコになって川の流れに任せて流されるのが好き。

名前を知らないオシャレな橋を見るのも好き。


他の団体さんとも分け隔てなく遊びました。

みんなで一列に組み合わさって流れたり、手を繋いで円を作ったりしました。






普通初対面の人と手を繋ぐなんて、正気の沙汰じゃないと思うけど、川なら出来ちゃう。

平和や・・・。

ずっと川に浸かってたかった・・・。




川は大変危険な場所です。

私が幼い頃(平成10年代位)、兵庫県では川遊びによる子供の水難事故が多かったです。

そのイメージが強かったので、大人になるまで川は得体のしれない悪者だと信じて疑っていませんでした。

しかし、正しい知識を持って遊ぶ、もしくは正しい知識を持った人の手の届く範囲で常に目を光らせてもらえたならば、意外と大丈夫のようです。

(安心しすぎもいけませんが。)


上記にもある通り、川で遊ぶと流れがあり景色が変わることが分かり味を占めております(笑)


夏といえば・・・川!来年も行きたいです!






道の駅 かつらぎ。

この写真、全員良い顔をしててお気に入りなんです。

えっ?モザイクで顔が見えない???

【スポンサーリンク】