モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

映画「累ーかさねー」教えてあげる。劣等感ってやつを・・・

【スポンサーリンク】

累、見てきましたーーーーー!!!!!

漫画が好きなのでとっても楽しみにしておりました。

この作品の魅力は、なんといっても女の子同士のドロドロです!







「累ーかさねー」ってどんな話?

生まれつき醜い顔でありながら卓越した演技力を持つヒロインの累が、キスした相手と顔と声を入れ替えられる口紅を使って、他人の顔を奪い女優として活躍していく話です。







その力に頼るまでは、劣等感を感じ生きてきた累。

醜過ぎるが故に学校ではいじめられ、町を歩くだけでも知らない人にまで疎まれる始末。

人前で堂々と喋ることすら出来ませんでした。

絶世の美貌を持つ伝説の大女優、淵透世を母に持つことも、苛めのネタでした。

透世は既に亡くなっているのですが、亡くなる前に累にある物を授けます。

それは不思議な口紅です。

これを塗って他者に口づけをすると、自分の顔と相手の顔を入れ替える効果があります。







累は、劣等感を感じ過ぎることにより、「自分以外の何者かになりたい」という感情を人一倍持つようになります。

やがて、劣等感の蓄積は、その演技力という形で開花します。

透世の法事に来た謎の演出家・羽生田 釿互。

彼は、絶世の美女であるが、ある理由から芽が出ない女優・丹沢 ニナとの契約を提案します。

口紅の力を利用し、ニナの顔と声を盗んで女優として生きていくという提案でした。




他人の人生を奪う提案に、最初は戸惑う累でしたが、美しい見た目になることによって人々から受ける称賛、羨望のまなざし、

堂々と舞台に立てる事に魅力を感じ、丹沢ニナの顔を奪って生きる選択をします。






狂気に震える


ニナは、女優として成功する事が難しい体質をしていたので「余計な下積みは全部あのブスにさせて、成功したところを取り返してやろう」という魂胆でした。

ところが次第に累は、ニナの人生を侵食していきます。






普通ではない狂気的な考え方の世界に、心地よい毒が回る感覚が楽しめます。

映画、是非いろんな方に見て頂きたいです。

湊かなえが好きな方は好きだと思う。



映画は最後のサロメのシーンが圧巻でしたね。

累とサロメの生き方が重なって身震いしました。

太鳳ちゃんめっちゃ演技上手いし、踊れる!最強!!!







ただ、累が普通に美人だったのはちょっと残念でした。

顔にヤバい傷があるだけの美女やん。

累は「生まれつき顔が醜い」はずなのに。。。

傷は生まれつきではなく小学生の時に出来たので、それまでは普通に可愛いやんけ!!!!

もっと・・・ガマガエルみたいな顔の女優さんはおらんかったんか。

おってもそりゃあ、羽生田に出会うまでの累と同じ理由で、女優は目指さんよね。。。


無念・・・


そこだけ目をつぶれば、とっても素晴らしい作品でした!ほんとに!

是非ご鑑賞下さい!!!

【スポンサーリンク】