モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

あの日私が浮かない顔をしていた理由を赤裸々に語ろう。

【スポンサーリンク】

どうもモネです。

3月に入って一週間が経とうとしています。

予想はしていたのですが、仕事が精神をゴリゴリ削ってくる。帰ったらすぐ寝るそんな毎日。








毎週京阪神に旅行してるので旅行ネタが溜まっていく一方なのですが、今日は旅行ネタ以外から抜粋して語っていこうと思います。


赤裸々系ですね。

www.mone627.net


赤裸々系の最たる暴露記事はこちら





・・・実はですね、自分の精神的にブログに書けない事件があったのですが、その日から早1か月少しが経ち、少し自分の中でも気持ちの整理が着いてきましたので備忘録として残しておきたいのです←









あの日私が浮かない顔をしていた理由を赤裸々に語ろう。


そう、それは、サークルの先輩の結婚式の日のことでした。


www.mone627.net


この日が来るのをモネは相当前から待ちわびてました。

大好きな先輩方がゴールインする瞬間に立ちあえるんですよ。

こんな幸せな事無い。

ずっと楽しみにしていたこの結婚式の日、、、、、モネは式場に入る寸前まで顔が死んでました。

それは直前にとある事件があったからです。

事件というか、、、それは、事故でした。






先輩方の一生で一度の晴れ舞台に、浮かない顔をした奴が居る訳にはいかない!


式の集合時刻の前に、新婦さんからラインを頂きました。

私が遠方からの参加であることをご存じだったので、「キャリーはどこどこに預けたらいいよ」という親切極まりない連絡でした。

式の前という忙しい貴重な時間に、私なぞにそんなご丁寧なご連絡を頂けて、嬉しい気持ちの半面、事故の事で頭がいっぱいで、、、愛嬌の足りない返しをしてしまったのを今でも悔やまれます。






式場に入る前に「この態度はいけない!」と、グッと動揺を押し殺しました。

実際、式が始まると感動で頭がいっぱいになりました。

努力せずとも、不安に蓋が出来ました。感動をありがとうございました・・・









でまあ、何にそんな動揺していたのかというとですね・・・

自動車関連なんです







人生で初の自動車事故


その日私は、父の運転する車に乗って大阪へ来ていました。

駐車場に車を止めて、父はすぐに電車で自分の用事へ向かいました。




一方私は、式まで時間の余裕がありました。


www.mone627.net


美容院に行きました。

バッチリ髪が完成して、式まで1時間近く時間があったので、一度車に戻ることにしました。






その時です。

キャリーを持っていた私は、キャリーを車になおす為にいつもより大きく座席の扉を開けたのです

こつん、と音がしました。

見ると、開けた扉が、隣の車にあたっていたのです。

あてた感覚は無かったのですが確実にあたっていました。





隣に止まっていた車の暗い色のボディに、こちらの明るい色の塗装が写ってしまっていたのです。

割と広範囲でした。

手元にあるティッシュや布やウエットティッシュで軽く拭っても落ちるもんじゃない。






・・・



・・・・・・









選択肢は一つ。

私が見た事のない車でした。



薄っぺらい知識と浅い記憶から、ググりまくったらなんとか辿りついた答え


日産のインフィニティでした。






・・・




もしや外車?というのが第一印象だったので、日本の車だったのが意外でした。(混乱してて分からなかったけど普通にハンドル右にあった)


それでも、7~800万くらいするらしいです。


高級車・・・。

しかも新車?買って数か月?というレベルでピッカピカでした。

私がうつした塗装の跡を除けば・・・









まず父に連絡しましたね

すみませんこういう時は、まず警察と保険会社です。常識外れにも程がある。



30分後。用事返上で、帰ってきてくれました。

焦りすぎてその間もその後も記憶が無いのですが、冷静な父に保険会社と警察に連絡してくれました。




結婚式行けないと思った。インフィニティの持ち主に、ちゃんと本人が謝る必要があるからです。



けど父は「行ってこい」と言いました。

(お前がいるとややこしいんや、的な顔をしてなかったこともない)


罪悪感と恐怖によりゲロりそうな心情で式場へ向かいましたね。


最終的には冒頭の流れです。










全財産がふっとぶと思った


知識が無さ過ぎて全然分からないんだけど、これはどういう修理になるんだろう。


上から軽く塗り塗りするんだろうか、いや、扉一つ付け替えになるんだろうか????

分かんないので、めちゃくちゃ不安でした。

7~800万円する車の一部を何とかするのにはいくらかかるもんなのだろう。

2年かけて形成した貯金がふっとぶかなと思いました。

それでも自分の責任だから払うしかない。手が震えましたね。







・・・ところが!結果的に自己負担は0円でした。

自動車保険に加入していたからです。





保険に入っていて本当によかった


修理代として保険がおりたのです。




実際の金額は父に聞いたのですが教えてもらえず。それでも数十万はしているとのこと。



保険に加入していなかったら自己負担だったんです。





さらに、示談交渉等も全て保険会社がして下さいました。

チップを払いたいレベルのサービスでしたね。






今後、父の自動車保険の保険料が上がるので、そこに関しては父から「なんであてたんや」とこっぴどく叱られました・・・

しかし今回の件につきましては保険会社に大変お世話になって、丸く?おさまりました

(あてられた方からしたら丸くはないだろうでしょうけど・・・)


本当に、保険に加入していて良かった。








もしもの事は予期せずやってくる



自動車事故の例を上げましたが、病気やケガ、万が一のことも予期せずやってくるものです。

そういった事が起きる前に加入しておけば、いざという時も安心ではないでしょうか。

既に加入されている方も、専門家が確認する事によって、同じ保障内容で保険料が割安に出来るパターンも多いそうです。

今回の記事を読んで頂いて「急にやらかすことってあるんやな、怖いな」と思われた方は是非、一度ご自分の加入されてる保険を確認して頂いてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】