モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

映画すみっこぐらし 飛び出す絵本とひみつのコ

【スポンサーリンク】

泣いた。

 

まさか幼児向けアニメ映画で泣くとは…!!

 

 

 

普段幼児向けは観ないのですが、SNSで評判が良くて、気になって行きました。

 

f:id:mone627:20191118214905j:image

 

映画の内容は、右下にいる灰色の子、「ひよこ」が自分の居場所を探すお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもすみっこぐらしってなんぞ?

 

キャラは知ってるけどお話しは知らなかったモネ。

 

映画の序盤でキャラの説明があるので大丈夫!

 

 

 

 

 

寒いのが苦手なしろくま。

 

自分がペンギンじゃない気がして、自分探しをしているペンギン。(多分カッパ)

 

油っこくて残された、とんかつとエビフライ。(いつか誰かに食べてもらうのが夢!)

 

 

 

みんな、すみっこが好きなんです。

 

 

 

…ええのお。自分の事がすごく分かってる子は少なくて、みんな何かを感じているんだ。

 

アニメの中だけじゃなくて、現実も大体そんな感じだよね!

 

 

 

 

 

 

絵本に吸い込まれてしまうすみっこ達。

 

怪しい絵本の中に吸い込まれてしまったすみっこ達。

 

ももたろう、赤ずきんちゃん、アラビアンナイト、、、

 

色んなお話の中で活躍?します。

 

 

 

映画館内の幼児達、大興奮。

 

モネはちょっとぼーっとしてしまった。

 

ターゲット層じゃない大人は、しゃあないですよね。

 

モネもそんな(童話で興奮出来る)感受性の豊かさを失わずに大人になりたかったよ。

 

 

 

ひよこの居場所を一緒に探してあげる、すみっこ達。

 

 

絵本の中で出会った灰色のひよこ。

 

みんなで旅をしてひよこの居場所を探してあげます。

 

果たしてひよこの居場所は見つかるのか…??

 

この下りが大人でも楽しめる名作となっております。

 

最後15分くらいがやばいです。

 

置かれた状況の切なさ、すみっこたちのあたたかさに感涙。

 

 

 

童話のくだりで大興奮だった子どもたちも、しくしくしてる声が聞こえきました。

 

会場の一体感がすごいwwww

 

 

 

 

 

 

個人的に、すみっこたちが喋らずに、ナレーションで進む感じも好きだった。

 

ナレーションは井ノ原快彦さんと本上まなみさん。

 

いのっちの優しい語り、聞いててとても落ち着きました。

 

いのっち何でも出来るんやな。無敵やん。

 

 

 

 

 

 

 

脚本、ヨーロッパ企画

 

 

エンドロールでびっくりしたわ。

 

脚本が!まさかのあの有名劇団!!ヨーロッパ企画!!!

 

モネはサマータイムマシン・ブルースを見ました。

 

 

巧妙にできた脚本で、さくっと楽しめたイメージ。

 

 

有名劇団の脚本×幼児向け映画という目線で見るのもアリやったな。

 

 

 

 

 

 

面白かったです。是非是非。

 

仮に見逃したとしても、地上波でやるなら、やらなくてもDVDレンタルとか、(やるか知らんけど)プライムとかでもいいから是非是非!いつか触れて欲しい、あたたかい作品でした!

 

 

 

 

【スポンサーリンク】