モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

狭い部屋でもクリスマスを満喫!「つるすツリー」

【スポンサーリンク】

どうも、24歳会社員女性、モネです。

スゴく普遍的な自己紹介だwww




現在は、大阪で狭い部屋を借りて一人暮らしをしております。

賃貸での一人暮らしは楽しいですが、収納にも限りがあるし、なかなか物をため込めない。

もうすぐクリスマスですが、クリスマスツリーなんてなかなか買えませんよね。


本当はこんなきらっきらのクリスマスツリーを部屋に置きたい。 夢のようじゃないですか? 小さい頃は毎年実家でこんなツリーを出してて、 年に一度の飾り付けがそれはそれは大好きだった。 ・・・クリスマスが終わったあとで、11か月間このツリーを眠らせておく十分な収納があるなら買ったらいいと思いますが、今のモネの住んでいる所にはあいにくその余裕はありません。 でも、ツリーを飾ってクリスマスを感じたい。童心に戻って飾りつけしたい。 そんなワガママを叶えてくれる商品を発見しました!

ファブリックツリー (ダイソー300円)


我らがダイソーで、布にツリーの絵が描いてある商品を発見!

これ!なんと「つるすツリー」なんです!!!

好きなところに吊るして飾るから、場所をとらない!

しかもシーズンが終わったら畳めばいいから、嵩張らない◎

なんて良いのでしょう・・・!



自由に飾りつけできるツリーの醍醐味もしっかり踏襲。

たぎりますね。




ということで!早速飾っていってみようと思います。




用意した物


・ファブリックツリー (ダイソー300円)

・ガーランドベル (画像下)(ダイソー100円)
・クリスマスボール (画像上)(ダイソー100円)

・まち針(安全ピンとかでもいいかも)
・針
・糸

まち針、針、糸は持ってるのを使ったので、実際かかったお金は税込み550円でした!





手順紹介

➀吊るす

床に置いて作業しても良かったですが、今回飾りが垂れるのも計算に入れて制作したかった為、実際に吊るしてみました。


②ガーランドベルを留めていく

めんどくさかったらここで直に縫い付けていってもいいと思います。

私の場合は何度か調整を要しました、、、

もうちょい重心を下げたいなあ

うーん、垂れすぎ・・・?

こ、こんなもん・・・?????


調整する為にも、まち針や安全ピンなど外しやすい道具で仮止めをしておくとやりやすいですね!


クリスマスボールを留めていく



これも色や形を試行錯誤したので、仮止めしておいて良かった◎

ニ個余ったのでいい感じに散らしておきましたb


縫い付けていく

遠目に見ると黒や茶色の糸でも分からなさそう。



調整する


クリスマスボールについてた金色の糸を切っちゃう。

完成!!!!!

飾りたい場所に移動させました。

いかがでしょうか。





立体ツリーだと場所をとり、ゴミも出るところを、この平面ツリーだと場所もとらないし、ちぎれた葉っぱを拾わなくて良いんですよ!

季節感のない殺風景な部屋に、キラキラした彩りが生まれました。めっちゃええなあ・・・



作業時間は1時間程度。

ハンドメイド好きだけど時間があんまり取れないよって方、さくっと作ってスマートに飾ってみませんか?





いやいや一時間もきついよって方はいっそ、完成された吊るすツリーがネットで売ってますので是非。



これだとダイソーにもいかなくていいというチート(笑) 「そういえば、うち何もないなあ」って方、ご検討してみてはいかがでしょうか。 お部屋がぱあっと明るくなりますよ。

【スポンサーリンク】