モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

リーマンショック超えの不況が来てますね

【スポンサーリンク】

鍛えてますか?モネです。

最近、鍛えるべきは筋肉のみではない事を再確認する日々です。

不況による大リストラ時代の到来、「1年前の私から、成長してない」は相当ヤバい。

筋肉を鍛えながら、なんとかしてその他の自己研磋も並行せねば。考えてる途中です。

先週?くらいからちょっと行動しつつありますが、、、果たして続くのか。







リーマンショック超えの不況が来てますね

さてさて、私は先日こんな呟きをしました。



1か月位前から、株価がヤバい。

モネは2017年秋頃から投資を勉強し始め、最初は日経平均から追っていたのですが、今回のコロナ騒動の日経平均の下落幅は私の中で最大級です。





2017年以降の世界同時株安だったら、日経平均は20,000円を切ったら買い圧力で上がっていくイメージだったので、今回も20,000円を切ったころに買い足そうと、給与振込口座からNISA口座に紐づけしている普通預金に軍資金を移したりして準備を整えつつあったのですが、あれ、今回のは何かおかしいぞ?と思ったんですよね。


トランプさんがいつもの景気対策で米国債の金利を上げた翌日、NYダウ反発。

しかし、またすぐに大きく下落します。それも何段階も。

あれれれれ?????そのあたりで私は今回はこれまで私が体験したやつじゃないと思い始めて、いろいろ調べ始めました。





その頃にはネットに色んな情報が転がっており、信頼出来るのか怪しいのもたくさんありましたが、いくつか参考になる情報がありました。

私は自称ブロガーなので、今回はブログ媒体で勉強になったものをご紹介させて頂きます。



こちらのブログではまずリーマンショック時の株価の値動きを解説して下さっています。

最高値から約1年半をかけてNYダウは53.7%下落し、元値の回復には5年半の時間がかかりました。

少なくとも数カ月からそれ以上の単位で「もう終わったか」と思っては裏切られるサイクルを繰り返す値動きになります。

そしてもう一つ重要なことがあります。それは「すべての銘柄が理由もなく下がる」ということです。

約一年半かけて53.7%下落…!?

今回も同じ規模の不況なのであれば、今って全然買い時じゃないやん。






ゆとりずむさんでも書かれているのですが、リーマンショックは信用経済の崩壊ですが今回のコロナショックは伝染病の蔓延から始まる実体経済の大打撃から始まっている。

信用経済の崩壊がメインであれば、経済政策を頑張れば持ち返す期待が持てるが、今の状況ではちょっとやそっとのお金を注ぎ込むだけで回復するかというと・・・まあ期待できないでしょう。

コロナウイルスが世界から消えてなくなれば・・・しかしワクチンの開発・普及には最短でも1年はかかるという事。

事態が収束するのって・・・いつだ?(笑






今、改めて自分の投資スタイルに向き合い直す。

何度も反発→反落を繰り返す、期待させてから裏切る相場が年単位も続くのであれば、、、

2018年の米金利上昇の際の世界同時株安の時の用に、出口が見えかけた→上がる期待を込めて購入→下落・・・→また期待が持てる出来事があった→購入→下落・・・

投資が嫌いになってしまいそうだな・・・

折角好きになれた投資を、これからも好きでい続ける為に、これだけは避けたい。




しかもリーマンショックの時の、NYダウは回復まで5年半の時を要した。

今買った株は、最悪数十年含み損を抱えると思った方がいいでしょう。ってユーチューブでたくさん聞いた。(ゆとりずむさんも書かれていました。)





ちょっとここからはゆとりずむさんとは違う見解になります・・・

ゆとりずむさんの考え、大変参考になりますので是非読んで下さい。)






これから私は、どのように投資を続けていけばいいんだろう、って考えた。

損切は、預金が尽きる予兆がするまで考えたくない。





預金は本当に大丈夫?仮にリストラされても半年一年暮らせるくらい預金はある?

私の会社は大丈夫そうだけど、そういう大丈夫そうな会社も普通に潰れていくのが不況の恐ろしいところ。


・・・贅沢は出来ないけど、質素な暮らしならそれくらいの期間過ごせそうだな。第一段階突破。





いったん資金の追加を止めるべき?いや、それでは「景気の良い時だけ投資法」だ。

今こそドルコスト平均法にならって積立投資すべき時だ。




積立額は無理がない?

もともとそんなに大きい額じゃなかったし、問題なさそう。(ここで大きい額を積み立てている場合は、余力のあるうちに減額を検討)



ファンドはこのままでいい?

ちらっと目論見書見たところだと、成長余力が感じられて応援できそうな業種の企業が幾つかあったから多分大丈夫!(ここで怪しかったら他のファンドに変更を検討)






しかし、一括買いは、ワクチンの普及の目途がたつか、最高値の半値になるまで検討しないことにする。

日経平均は2月頭に23,800円あったから、半値は11,900円。

NYダウは29,400円あったから、半値は14,700円。

ただしこの値になったらGOという訳では無い。リーマンショックだとこれくらい下がったという目安でしかないのだから。



もしかしたら、何かどんでん返しが起こってここまで下がらずに相場が回復するかもしれない。

そうなったら「あの時買っておけば。。。」となる。でもいいんです。最大限の保身だと思うのです。




・・・本当。

繰り返しになるのですが、折角好きになった投資を、嫌いになるのはもったいない。

ある程度保身も入れつつ、積立で攻めつつ、スローライフ。




まるでど●ぶつの森みたいですね。借金地獄の中で、いつまで続くのか分からない借金を返す為にもがきつつ、スローライフ。

結構滑稽だと思うんですけど。※モネはど●ぶつの森が大好きです




それに、この10年に1度と呼ばれる大きな不況を、身銭を切って勉強できるのは人生経験の一つとして非常に有益ですよね。

はあ~勉強不足だったころは違和感なく日経買えてたけど、日本って今後人口も減って経済も衰退が見込まれるし、製造業の実力・世界でトップクラス!という訳でもなくなってしまったし、今更買う理由がほぼない気がするんだけど、経済的に本格的に終わってきたら買い足しましょう。上がらなくてもいいやくらいの気持ちで。もはやボランティア精神。

【スポンサーリンク】