モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

名もなき池(通称モネの池)探索記録

【スポンサーリンク】

8月某日。

モネは、岐阜駅に降り立ちました。

電車を降りた時は、まさかモネの池に行ける事になるとは知る由も・・・。

モネの池については強く意識していたのですが、自分が幹事ではないので我儘は言えねえな、と思ってたのですが。

「モネの池いく?」と・・・言ってもらえて・・・

歓喜!!!










名もなき池(通称モネの池)探索記録

f:id:mone627:20201003003048p:plain








モネを名乗り始めてから、3年半経ちました。

名前を借りてると、そうでない時より意識してしまうものです。

www.mone627.net


1年少し前に、徳島の大塚美術館→高知のモネの庭へ行きました。

モネの世界観を体いっぱいに浴びて、改めて感銘を受け、

上記のブログでも、最後に次は岐阜のモネの池いくぞーーーと言っています。




遂に。念願叶いました><

いやもう先輩には感謝しかないです・・・。大好き・・・。







絵画のようにきれいな水

f:id:mone627:20201003003056j:plain

湧き水のみで出来た池で、透明度が非常に高かった。というか濁りが一切なかった。

こ、こんな場所があるのか・・・!

橋を奥に映すのが定番の撮影スポットっぽかったのですが、なかなか人の波が切れず。

もはや観光客の皆様の仕草や立ち姿も芸術の一部だよ・・・ありがとうございます。(?)





光のやわらかさが感じられる。命の力強さで溢れている。

f:id:mone627:20201003003053j:plain


100年前くらいにモネも、庭でこのような景色を作り、眺めていたのだろうか。

f:id:mone627:20201003003103j:plain
f:id:mone627:20201003003116j:plain




池を撮影しているモネ。(あおいふく)


f:id:mone627:20201003003059j:plain

カメラを向けられている事に一切気づいていない、とても真剣な表情をしています。

周囲の人はちゃんとしたカメラを持参しているのに、モネだけiPhone。

f:id:mone627:20201003003107j:plain

装備が一番しょぼいのに、その姿勢は一番熱がこもっているのではないでしょうか!?(笑)






よく見ると、好きな写真。

f:id:mone627:20201003003113j:plain

写真の整理をしている時に、一瞬照り返しが強いから没かと思った。

けれども空の青さ、雲の形、丘陵のなだらかさが伝わってくる。

やっぱ好き!




グッズが欲しかった(泣)

一生懸命探したけど、多分売ってたのはこれだけ・・・?

f:id:mone627:20201003003110j:plain

池シール。

もっと思い出の品を買いあさりたかった・・・

いきなり原価高いもの出すのがリスクなら、ポストカードなりクリアファイルなり・・・。

どうか・・・!もし関係者の方の目にこのブログが止まったのなら・・・!!!

グッズを出して下さい・・・!!!

原価安いので全然いいので・・・!!!!!(


そこらへん北川村のモネの庭と比較すると、まだまだ発展途上の観光地って感じでしたね。

今後に期待。


f:id:mone627:20201003003044j:plain

曰く6月~7月中旬に花が多いということなので、その時期にまた行きたいですね。

【スポンサーリンク】