モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

イオン銀行でiDeCoをするなら①2020年11月版

【スポンサーリンク】

こんばんは!モネです。

ついに11月半ばになりましたね。

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、、、秋を満喫されていますか?

モネはこの秋は勉強が占める割合が大きい。この話はまた別の回にでも。








さて、先日なのですが、大学の先輩からとある相談を頂きました。

「イオン銀行でiDeCoをしたいんだけど、どの商品にしたらいいのか分からない」


イ デ コ !!!

現役の間にお金を積み立てて、老後の年金原資にするあれ。

あれ、確かに金融機関によってはメッチャたくさん銘柄あるのよね。


確かに分からんと思います。悩みますよね。

でもやりたいですよね。









イデコの最大のメリットといえば節税。

年末調整の書類、書きましたか?会社員の方なら会社に提出済ですかね。

f:id:mone627:20201115215148p:plain

保険料控除申告書。

保険会社からハガキが届いて何か書いて出した人も居れば、特に加入しておらず真っ白で提出した人もいるかもしれません。

この紙、保険に加入しているならば必ず記入しましょう。書いて出せば税金が安くなるんです。





2012年1月以降に加入した新制度の保険(医療保険、がん保険、終身保険、個人年金保険等、、、)、なら新保険料ということで、左下に書いてある計算式Ⅰに則って控除額が決まりますし、

それ以前の保険ならその横の計算式Ⅱに則って計算された額が控除額となります。




医療保険(新制度)で年間36,000円保険料を支払う予定なら、36,000円×1/2+10,000円=28,000円が控除額ですね。

例えば終身保険(新制度)などで、年間600,000円を支払っていたとしても、80,001円以上ということで一律40,000円が控除額となります。


まあそんな感じで控除額に上限があるのが保険ってもんですが、掛金が全額控除されるのがイデコ、個人型確定拠出年金です。

f:id:mone627:20201115223547p:plain

(イデコは黄色で丸したとこに書くのよ)


掛金、拠出上限額は働き方によって違いがあるので、あなたがどこに当てはまるのか別途ご確認いただきたいのですが、

例えば会社員で企業年金に加入していない人なら月額23,000円(年間276,000円)、

自営業者なら月額68,000円(年間816,000円)までと聞きます。

これが全額課税所得から差し引かれ、所得税と住民税の負担が軽くなるのです。

そんなに控除してもらえるん!?って驚きません?

上手い話すぎて、怪しい業者が数枚かんでるやつなんじゃないかとも思いますが、正真正銘国が出してる制度なんです。






なんとイデコの節税効果はこれだけではなくて、運用益が非課税という所もポイントです。

例えば銀行の定期預金に、年利0.01%で1,000万円を預けたとしましょう。

1年後、1,000万円は、1,000万797円になります。



・・・?利息は1,000円じゃないの?って思いますよね。

なんと、そこから更に所得税が20.315%引かれるので、1,000円にもならないのです。悲しすぎる。

基本、儲かった所から容赦なく取っていくのが、皆が大好きな税金の仕事。

と思いきや、イデコで運用する分の運用益、はこの20.315%すら免除してもらえるのです!

この20.315%が、何十年も複利でかかってくるとなるとだいぶ大きい。ちりつもです。

このような取り決めが起きてしまうくらい、自力で年金原資を作ってくれ~~~ってことなんでしょうね。





あともう一つ。老後、受け取る際も税制優遇があります。

年金で受け取る場合は「公的年金控除」、一時金で受け取る場合は「退職所得控除」。

さすがにこちらには上限があります。



・・・が、しかし、こんなにお得が揃った制度ならやってみるべきでは。余ったお金を預金で遊ばせてるなら、ちょっと勿体ないかな・・・。












イオン銀行でiDeCoをするなら①2020年11月版

大学の先輩(以下相談者様)から、申込書の画像が送られてきました。

24銘柄がずらり。


・ファンド名(商品番号)
野村マイバランス30DC(001)
野村マイバランス50DC(002)
野村マイバランス70DC(003)
三井住友イオンバランス戦略(004)
Oneたわら国内債券(005)
OneDC国内株式インデックス(006)
レオスひふみ年金(007)
フィデリティ・日本成長株(008)
Oneたわら先進国債権(009)
Oneたわら先進国債権ヘッジ有(010)
三菱UFJDC新興国債権(011)
Oneたわら先進国株式(012)
DIAM新興国株式インデックス(013)
ピクテ・G・インカム株式DC(014)
Oneたわら国内リート(015)
Oneたわら先進国リート(016)
イオンiDeCo定期預金5年(017)
Oneたわらバランス8資産均等(018)
AMOneソムリエTY2035(019)
AMOneソムリエTY2045(020)
AMOneソムリエTY2055(021)
フィデリティ・米国優良株(022)
フィデリティ・欧州株(023)
ブラックロックゴールドIDX(024)

以上。





銘柄の説明は十分にしてもらえなかったみたい。

・・・うーん・・・これは初心者さんだとワカンナイだろ・・・。

元本保証型の銘柄もあるだろうけど、基本投資していくだろうから、相当不安になるだろうなーと思いました。

いや本当に相談して下さってありがとうございます。




モネは銘柄を見ただけでなんとなく中身の推測が付きます。

数々の目論見書を読んできたので、もちろんこれらの銘柄も目論見書を見るとどのような物で出来ているか分かります。

現役のFPさんと比べると流石に劣るとは思いますが、普通に自分が好きな分野である為楽しみながら考察をしてみました。

次回から掲載していきますので、読者の皆様もぜひ、自分がもしイオン銀行でiDeCoをするならと考えながらお付き合い頂けると嬉しいです。

それではまた。

【スポンサーリンク】