モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

好きな人を好きでいて良いのか分からなくなった件

【スポンサーリンク】

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、19日に金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。

収益を誤って報告していたそうですね。




それからはテレビではゴーン氏の話題でもちきりですね。

ゴーンショックとも呼ばれていますし。

それだけショッキングな出来事だったんですね。わかります。











カルロス・ゴーン氏に憧れていました


「尊敬する経営者」三本の指に入る人物です。



…というか、人と喋るにおいて、

仮に相手が自分より教養の高い人であれば、

「尊敬する経営者」の三人くらい準備しておかないと(笑)と思って勉強した(笑)





そして見事に、日常で「尊敬する経営者」の話題になったことはない(笑)

三年くらい温めてる話題なのに。発揮させてくれ。

社会人、思ったよりフランクやった…(笑)











カルロス・ゴーン氏の尊敬ポイント


日産自動車は、トヨタと並ぶ国内の自動車大手企業ですが、かつて日本の上場企業ワースト記録と言われる負債を抱えていました。

その額なんと6844億円!

返済期限を控え、資金繰りの目処が立たず、倒産の危機に瀕しておりました。



その状況を打開すべく、フランスの自動車会社ルノーから送り込まれてきたのがカルロス・ゴーン氏でした。





そして見事に!長年続いていた赤字をたった一年でV字回復させたのです!





まず、就任4カ月で大幅なコストカットを実施しました。

人員削減、工場の閉鎖。

(リストラされた側からしたら許せる話じゃないけど…!!!)




また、デザイン性の向上をしました。

これにより販売台数が大幅に増加。




そして、ゴーン氏はとにかく数字を大事にしていたそうです。

目標を数値化して、現状を把握しやすくしたのです。







社員の多くが変革の必要性を感じながらも、これまでの伝統があり具体的に動く事は出来なかった中で、

ゴーン氏は短期間で会社に大きな変革をもたらしました。



これは物凄い事です。

フツーの人に出来る所業ではないですよね。

私にはなかなか出来ないです。

しかしいざという時は、そういった選択も必要であると感じ、そうなりたいと思い憧れるようになりました。

切る時は切るべきやし、受け入れる時は受け入れるべきや。

目標はちゃんと管理せなあかん。

これは会社の経営だけではなく、日常の小さな選択にも言える話しではないでしょうか。









尊敬してた人が逮捕された件(笑)


逮捕されたね(笑)

えっ、まじか。

うそやん(笑)

これだけでかでかと報道されても「いや、まだいける(?)」と思う自分が居る(笑)





どうなの、これは。尊敬したままでいいの?

過去の実績は、尊敬したままでもいいでしょ。

では、今回のことは?

んんん?????








今日の日経新聞の一面に載っていたのですが。

日本のCEO報酬は世界でもかなり低水準だそうですね。

2017年に(一年で)約18億円も貰ってると聞いて、

庶民からしたら「ふざけんなよ!羨ましい!」って感じなのですが(笑)

羨ましさが嫉妬に変わって「貰いすぎ!」になるのですが。






半導体大手ブロードコムのCEO報酬は117億円、

放送大手CBSは約79億円、

旅行サイトのトリップアドバイザーは約57億円だそうです。





自動車大手で比べると、アメリカのゼネラル・モーターズは約25億円、

同じくアメリカのフォード・モーターは約19億円です。

この図を見ても、国として少ないことがわかります。


(30年12月1日,日本経済新聞朝刊より抜粋)



え!別に貰いすぎってことはなくない?

っていうのが率直な感想です。





なんでこんなに違うんでしょうか?

わからないのでまた勉強してきます。

日本のCEOが適切な評価がされてないのであれば困ったものですよね。









…いや、少し違うか。

今回の問題の本質は。






有価証券報告書の虚偽記載

ですね。

お金貰いすぎたではなく。

会社の財産を欲しいままにしてきた事や脱税が問題なんですよね。

投資家的にも正確な投資判断が出来なくなりますし。

嘘書くのは周りにとっていい事一つもないんや…!!

うん、過去の実績を尊敬しつつ、今回の事は許容せずにいよう。

それがいい、それがいい…。。。




また、「尊敬する経営者」残り二人についてもお話ししたいですね。

三年温めてるので(笑)

【スポンサーリンク】