モネブロ

地域情報他、日常で感じた事を記録している雑記ブログ

【スポンサーリンク】

高知県室戸市の「ホテル明星」は全室オーシャンビューで魅力的なホテルだった

【スポンサーリンク】

どうもモネです。

先日、高知県の室戸岬に行って参りました。

徳島県の大塚国際美術館と、高知県北川村のモネの庭に行きたくてですね。

www.mone627.net

www.mone627.net


さあどこに宿泊しようと思って、高知出身の先輩に聞いたら「室戸岬にジオパークとかカレーの美味しい店がある」との事だったので室戸岬に立ち寄ることにしました。

丁度寄りやすい立地だとも思いました。





・・・とはいえ、大塚美術館から車で3時間以上かかるので少し迷った(笑)

大塚美術館からモネの庭までの間に、いい感じの高速道路が無く、ずっと下道を通ることになるのです。

交替での運転なら分かるのですが、なんせ一人旅。

んんんんn・・・遠い・・・

いっそモネの庭を諦めて、香川通ってうどん食べて帰る?(笑)

でもでも、、、元々モネの庭に来たくて出発したんだから、、、行かない訳にはいかない(使命感)





と!いうことで、なかなか心が決まらず、ホテルを予約したのは大塚美術館のカフェでコーヒーを飲んでる時でしたwwww(当日の3時ごろ・・・)







今回の旅行は「四国半周するぞー!」って心構えで来たので、なるべく四国のふちを周りたかったのも決め手。






ホテル明星



当日の予約ということで、リーズナブルな所と高級な所しか余ってなかったイメージ。

ホテル明星は、リーズナブルで良かったです!


当初の予定では、晩御飯に先輩おすすめのカレー、朝ごはんをモネの庭で食べる予定だったので、素泊まりに。(後にどちらも狂いますw)









全室オーシャンビュー!窓を開けると海が見れます。


外に出なくてもお部屋から日の出が見れたのが良かった~。

フロントのボードに日の出の時間が書いてあったので、その時間にアラームを設定したらばっちり日が出ていました。

・・・なんで時間ぴったりにするねん、そりゃ日が出る瞬間見れんわ・・・

写真じゃ捉えきれない美しさ。肉眼で見れてよかった。

高知の海からのぼる太陽、きれーだった・・・是非皆さまにも見て頂きたい・・・





お風呂がいいらしい


このホテルには海洋深層水の露天風呂があります。

室戸の海洋深層水は全国的にも有名なので、入ったらブログに書けると思ったのですが・・・すみません入ってないです

元々温泉が苦手なんだ・・・(笑)

内湯だけでもふらふらするのに露天に好んで入れるかというと、、、あんまりです。

「体調崩したら帰れんな」という想いが先行して、冒険できなんだ・・・ちょっと後悔><

公式は、「入ったら肌が滑らかになり、体がぽかぽかになり、体が浮く」ってアピールしてるので、入ったらきっと肌が滑らかになって体がぽかぽかしてぷかぷかした事でしょう。





観光地にも近い!


ジオパーク

廃校水族館

室戸岬の端っこ、中岡慎太郎像

などなど、、、いろんな観光地が車ですぐのところにありました!




また、徒歩圏内の至る所に自然の不思議が!





朝の散歩に立ち寄りました。

意図的に人口で作った訳では無く、自然にこんな形になるなんて・・・

不思議〜~~~~!っていう自然の最高傑作が多く並んでいました。

非常に面白かったです。




なかなか値段の割に魅力的なホテルだと思いました。

建物の内装にあんまり綺麗な印象は受けませんでしたが、安い理由はそこかな?・・





室戸の夜は超静か(なんにもない)

行きたかったカレー屋さんは、夜はやってなかったです。無念。(なんで調べてへんかったんや、自分。)

晩御飯食べる所無いか、ホテルのフロントスタッフに尋ねたところ、


「このあたりは20時を過ぎるとほとんどやってないですね・・・居酒屋はありますが・・・お嬢さん車ですもんねえ・・・。」

「車で10分走った所にコンビニがありますよ。」




・・・とのこと。

びっくり!!!!!(リサーチ不足過ぎる)

正直ここまで静か(なんもない)とは思ってなかった!!!!

夕食付にしてたらよかった・・・

でももうホテルのレストランも時間がきて閉店してしまったし、どうしようもないですよね。









次回予告


関西から6時間近くかけてはるばる高知県まで来て、晩御飯にコンビニ飯を選択せざるを得なくなったモネ。

ちゃんと調べてから来ればよかったぜ。(ぐう正論)

もっと郷土料理的な何かが食べたかった・・・!

そう後悔しつつ、コンビニに向かっていたら、一つの明かりを見つける!!!!!

車を止めたモネは、恐る恐る明かりに向かって歩き出すのであった・・・

【スポンサーリンク】